Daily Moon Phases
CURRENT MOON
moon phase info
blog pet
RSS
クリックで救える命がある
ad
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

私にしては、かなり速いスピードで第2巻を読んでいます。4人の女の子の2度目の夏の物語。まだ出だしですが、1巻より読みやすく感じています。
Recommend
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで (JUGEMレビュー »)
ジョン・E. ミラー
画像がないのが、残念なのですが。。。「Little House」の作者ローラの人生です。本では触れられる事のなかった、本当の生涯とは?
Recommend
英語多読完全ブックガイド
英語多読完全ブックガイド (JUGEMレビュー »)
古川 昭夫, 神田 みなみ, 小松 和恵, 畑中 貴美, 西澤 一
SSS式多読本紹介本。レベルごとに、本の紹介と総語数が書かれています。この本に載っている本を主に読んでいて、語数カウントでもお世話になっています。
Profile
Links
Sponsored links
Latest entries
Recent comments
Recent trackback
Archives
Categories
Others
Search

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
2006年ベスト10冊(和書編)
和書と洋書と、カテゴリーが違いますが
洋書はまとめのカテゴリーがあるのでそちらに、
和書はその他のカテゴリーにさせていただきました。

洋書よりずっと少ない冊数の、和書。
逆に選ぶのが大変だったのですが、ジャンル別に。

恋愛

いまこの瞬間愛しているということいまこの瞬間愛しているということ辻 仁成 集英社 2003-11売り上げランキング : 250066おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


友人に薦められて読んだ、この本。
辻仁成は苦手と言う概念が、崩れました。

旅行で行った事のある、パリが舞台だった事も
よかったのかもしれません。
この本を読んでから、ミシェラン社はタイヤのメーカーではなく、
5星レストランを決める会社の名前へと
私の中で変わってしまったのでした。

ファンタジー(日本人作家)

風神秘抄風神秘抄荻原 規子 徳間書店 2005-05-21売り上げランキング : 25811おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


和書停滞のきっかけになった、この本。
日本語の小説が読めない〜と、焦って困り果てていました。

ボリュームのある本を、立て続けに読んではいけないと、
気づかされた本です。

ファンタジー(外国人作家)

ファンタージエン 秘密の図書館ファンタージエン 秘密の図書館ラルフ・イーザウ 酒寄 進一 ソフトバンククリエイティブ 2005-09-29売り上げランキング : 133998おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


エンデの「はてしない物語」の前史。
邦訳物と言う事で、ちょっと引き気味でしたが、
無事読む事が出来ました。

世界感もしっかりしていて、エンデの世界とイーザウの世界のリンクが
楽しい1冊です。

他印象に残った本

その1

キッチンキッチン吉本 ばなな 角川書店 1998-06売り上げランキング : 16891おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


この本を読んで、英訳があると知り
英訳も読んでしまいました。
それ位、惚れ込んでしまったこの本。

ちょっと切なく、でも透明感たっぷりの文章。
あぁ、この世界感は好きと思いました。

その2

野生の風野生の風村山 由佳 集英社 1995-03売り上げランキング : 437045おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


強烈な印象を残した、この本。
人を愛する時、どうにもならない事情もあるし、
どうにも出来ない事もある。でも。。。

と、思わずにいられませんでした。

主人公が染織家だけあって、色の対比が鮮やかです。

と、こうして5冊並べてみましたが
大好きな作家の川上弘美が入っていません。
実は、思ったより冊数を読んでいなくて
逆に選べなかったのです。

う〜〜ん、来年こそは!と、思っています。

今年の目標は20冊読了でしたが、
ぎりぎり、『ファンタージエン』で達成する事が出来ました。
もう無理かもと思っていたので、嬉しいです。

来年の目標は、15冊読了にしておきます。
20冊は、私にとって苦しいのでこれ位が妥当と、
学びました。

他に洋書も読んでいるので、こちらの冊数を増やす事はないし
マイペースに読んでいけたらいいと思っています。

さて、今年1年のベスト10冊。
どうでしたか?
和書洋書会わせて10冊出すのは、
楽しくもあり、ちょっと難しくもありでした。

何か、参考になったら嬉しいです。

関連リンク
今年のベスト10(和書編)


人気blogランキングへ

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(その他) |
<< 2006年ベスト10冊(洋書編) | main | 12月と1年のまとめ >>
スポンサーサイト

| - | - | - |









url: http://apple-tree.jugem.jp/trackback/677