Daily Moon Phases
CURRENT MOON
moon phase info
blog pet
RSS
クリックで救える命がある
ad
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

私にしては、かなり速いスピードで第2巻を読んでいます。4人の女の子の2度目の夏の物語。まだ出だしですが、1巻より読みやすく感じています。
Recommend
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで (JUGEMレビュー »)
ジョン・E. ミラー
画像がないのが、残念なのですが。。。「Little House」の作者ローラの人生です。本では触れられる事のなかった、本当の生涯とは?
Recommend
英語多読完全ブックガイド
英語多読完全ブックガイド (JUGEMレビュー »)
古川 昭夫, 神田 みなみ, 小松 和恵, 畑中 貴美, 西澤 一
SSS式多読本紹介本。レベルごとに、本の紹介と総語数が書かれています。この本に載っている本を主に読んでいて、語数カウントでもお世話になっています。
Profile
Links
Sponsored links
Latest entries
Recent comments
Recent trackback
Archives
Categories
Others
Search

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
500万語通過
500万語通過しました。
通過本は、
Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)Charlie and the Chocolate Factory (Puffin Novels)Roald Dahl Quentin Blake Puffin 1998-06売り上げランキング : 1149おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


少しどたばた過ぎる感じがして引いていた、
Dahl。
突然読める気がして、借りて来て
読み始めたら、あら2日。

あ〜読める読めると思ったのと同時に、
なぜか、ストーリーを半分くらい知っていて
どうしてだろう?と、思ったのでした。

500万語通過しての感想は、
英語のまま理解出来ていると、思えるようになったこと。
日本語を全く解さないで、読んでいるようで
分らなくても、そのまま何も考えずに読み返している
私がいます。

この感覚、うまく説明出来ないのですが、
日本語の読書と同じ様な感覚で、読み返しています。

もちろん、分らない部分だけじゃなくて、
分る部分は、映像がそのまま出るようになっているので
楽しく読んでいます。

また、細かいニュアンスを読み取って行く本と、
大胆に飛ばしながら読んでも平気な本が分り、
読み分けられるようになったような気がします。

でも、飛ばせてもやっぱりどこか罪悪感があるのですが。。。

今楽しく読めるのは、レベル4。
やっと、入り口にたったかな?と言う感じです。

もちろん今までだって、楽しんでいたのですが、
それよりも一歩踏み込めた気がするのです。

もうずっと、洋書は読んで行くと思うし、
醍醐味も知ってしまっている。

何よりも、読む本の幅も出たし好みもはっきりして
来たのでこれからますますはまりそうな予感の、
500万語。

この1年(100万語通過は、去年の12月)で、
400万語読めたのはやはり自信だし、
何も取り柄がないと思っていた私にとっては、
大きな事でした。

引っ込み思案の私が、何かしようと思ったのも多読のお陰。
それから、少しづつ積極的になるようになりました。

きっかけを与えてくれた、多読。
それは、ただ本を読む事かもしれないけれど、
それ以上の物を与えてくれた気がします。

まだまだ、500万語。
カウントはどうしようと思っていましたが、
これからも続けて行こうと思っています。

あまり、語数に縛られずに楽しく読みたい本を
今まで通りに読んで、つまらなかったらお休みして、
疲れたらのんびりして、読んで行こうと思っています。

いつもこのblogに遊びに来られる皆さん。
私のblogは児童書中心で、レベルが低い物も多く
しかもシリーズ物ばかり。

でも、このシリーズ物。
案外侮れないんですよ。

シリーズ物にはまると、世界感に浸る事も出来るし、
何よりも、だんだん文体に慣れてくるので、
楽しく読む事が出来るのです。

今まで、和書ではあまりコンプリートをしなかった私も、
なぜか洋書ではコンプリートをしているシリーズがあるのも、
魅力にはまってしまったから。

読むスピードは、人それぞれ。
自分が遅いからって、気にしないでくださいね。

マイペースが、一番です。

そんなこんななメッセージも込めた、500万語。
これからは、自己満足ではなくもう少し発信する事を
意識したblogにした方がいいのかも。
と、思いますがきっと今まで通りでしょう。

500万語読んで、ちょっとは一人前(半人前?)になったかな?
の私の多読生活。
まだまだ、試行錯誤は続きそうです。

人気blogランキングへ

| comments(9) | trackbacks(0) | 徒然 |
<< 児童書中心に | main | Peter's Destiny: The Battle for Narnia >>
スポンサーサイト

| - | - | - |
Dahlで500万語通過♪おめでとうございます(*´∇`*)
そうか、紗香さんはDahlに人見知りされてたのですねー。
Matildaは未読ですか?土曜日に持っていきましょうか?
あ、気軽に言いつつお互いに顔知らないんですよね(笑)不思議で
すが、ちょっぴり楽しいです。

500万語で日本語を気にしない・・・分かります。
どうでも良いのではなく、日本語と英語それぞれ違う語学に対する
自分の姿勢ができてきたのだと思います。そうなるまで英語を体内
に貯めるのに私はやっぱり300〜500万語ぐらいかかると思います。
語数は貯めるものから、自分の多読歴史を整理するときの便利なもの
になってきています。時々振り返って色々と発見できるので私もまだ
語数カウントはするつもりです。
(2006/11/28 6:47 AM)
紗香さん 500万語通過おめでとうございまーす!
ご無沙汰のカイです。(ごめんなさい〜秋は忙しくて)
だんだん、だんだん英語に対する姿勢って変わってきますよね♪
語数だけじゃなくて、年数によっても変わるような気がしますよ♪
これから紗香さんがどう変化していくか楽しみですね。
私はこの1年のんびり多読。
一年で100万語って所でしょうか。(これが多読標準時間?)
もうちょっと気合入れようかなぁ?
でも面倒だからこのまま行くつもりです(爆爆)
カイ (2006/11/28 9:06 AM)
500万語通過おめでとうございます。
私は多読を始めてからやっと半年100万語をちょっと超えたところ、来年の今頃には紗香さんと同じような感想が持てるかどうか疑問ですが、ぼちぼち楽しみながら続けていられるといいなぁ…と思います。
これからもいろんな本の書評楽しみにしてます。
hanazo (2006/11/28 9:15 AM)
500万語通過おめでとうございます!

ここまでくると、英語がどっしりして
日本語も英語も別々の芯がたってきたような
感じがしたなあ。

「心のままに」Happy Reading♪
Julie (2006/11/28 9:16 AM)
500万語通過おめでとうございます!

1年間で400万語も読まれたんですね〜。

紗香さんのblog読んでいると
本を心から楽しまれている感じが
とても伝わってきて
私も読むそ゛〜と
力をいつもわけていただいています(^v^)

これからもたくんさの本、教えてくださいね♪
すいかちゃん (2006/11/28 9:22 AM)
500万語通過おめでとうございます!

紗香さんのメッセージで勇気付けられました。
というのも、最近集中力が続かなくてたくさん読めなかったもので少々落ち込み気味だったからです^^;。
読むのが遅くてもとにかく読み続けていこうと思います。
多読は英語学習の中でもとにかくマイペースで楽しく続けられるのがよいところですものね^^。

紗香さんのブログ、これからも楽しみに読ませていただきます♪


pinkrose (2006/11/28 9:52 AM)
紗香さん、500万語通過おめでとうございます。
先日はトラックバックありがとうございました。

1年で400万語も読まれるなんてすごいですね。尊敬です。

僕も早く100万語を通過したいと思いながら、ボチボチマイペースで読んでいます。最近は和書もたくさん読むようになりました。多読始めた頃は和書に全然触手が伸びなかったんですけど、不思議です。

多読は一生の趣味になるから良いですよね。
takeono (2006/11/28 12:52 PM)
紗香さん、500万語通過おめでとうございます!!

1つの大きな区切りを迎えられて、また1つ自分自信への糧につながっていったという感じがして、私も元気をもらいました^^
これからの変化を感じながら、楽しく読書が続けていけるといいいですよね♪
りあ (2006/11/28 1:31 PM)
>雫さん、こんにちは。
ありがとうございます。

そうなのです。Dahl、人見知り状態でした。
ちょっとハチャメチャすぎて、長編は避けていたのですが、
今回良さを再発見しました。

Matilda、ありがとうございます。
でも、今お借りした本がたくさんあるので
今回は。。。と思っています。

土曜日お会い出来るの楽しみですね〜。
案外、歯がゆい感じで話せないかも(笑)

>語数は貯めるものから、自分の多読歴史を整理するときの便利なもの
>になってきています。

わかります。ここまで来ると、語数を気にする事無く、
読めるんですよね。
カウントは、読んでいた本の傾向やレベルをみるためのツールに
なってきている気がします。

>カイさん、こんにちは。
お忙しい所、ありがとうございます。

語数とともに、年数でも変わってくるんですね。
私はまだまだ、1年半。ヒヨッコだなぁと思います。

自分のペースで、のんびりが一番だと思いますよ。
私もこれから、和書をもうちょっと読むようになるのか、
このまま突っ走るのか分りません。

でも、多読はのんびりでも続けるだろうなぁと言うのが、
500万語来て思う事です☆

>hanasoさん、こんにちは。
ありがとうございます。

私も、まさかここまで読めるとは思っていませんでした。
最初の100万語で、半年かかっていたので、
じゃぁ200万語もそのくらいかかるだろうと思っていたら、
あらら。。。と、言う状態に。

一番のコツは、読みたい本を楽しく読む事じゃないかなぁ。
と思っています。
こちらこそ、よろしくお願いします。

>Julieさん、こんにちは。
ありがとうございます。

>ここまでくると、英語がどっしりして
>日本語も英語も別々の芯がたってきたような
>感じがしたなあ。

そうなのです。今まで、ぐらぐらだった物が
どっしりして来たと言うか。
これからは、もっと楽しめそうな予感がするのもそんな理由。

Julieさんも、Happy Reading〜☆

>すいかちゃん、こんにちは。
ありがとうございます。

実は、私もここまで読めると思いませんでした。
もともと本を読むのが好きなので、見事ツボに入ったのでしょうね。

こちらこそ、よろしくお願いします。

>pinkroseさん、こんにちは。
ありがとうございます。

私も、読めなかった事ありますよ。
その時、焦りと不安で困ってしまったのです。
いつか読めるようになると思いながらも、その時は
心底困ってしまいました。

体調による物や色々な事があると思いますが、
細々とでも続けられるのが多読の良さ。
読めなくても、焦らずマイペースにと思っています。

こちらこそ、よろしくお願いします。

>takeonoさん、こんにちは。
ありがとうございます。

私も、ここまで読めると思いませんでした。
語数は自然に増えて行くので、焦らないでマイペースが一番
だと思います。

和書を、読むようになっているのですね。
そのときそのとき、読みたい物を読むのが一番じゃないでしょうか?

>りあさん、こんにちは。
ありがとうございます。

そうですね。1つ大きな区切りを迎えた感じです。
ここまで読めるとは思っていなかったので、自分でも驚いています。

これからどうなるか分りませんが、読む事は続けて行くと思うので、
楽しみながら読んで行けたらと思います。
紗香(すずか)@管理人 (2006/11/28 3:03 PM)









url: http://apple-tree.jugem.jp/trackback/655