Daily Moon Phases
CURRENT MOON
moon phase info
blog pet
RSS
クリックで救える命がある
ad
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

私にしては、かなり速いスピードで第2巻を読んでいます。4人の女の子の2度目の夏の物語。まだ出だしですが、1巻より読みやすく感じています。
Recommend
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで (JUGEMレビュー »)
ジョン・E. ミラー
画像がないのが、残念なのですが。。。「Little House」の作者ローラの人生です。本では触れられる事のなかった、本当の生涯とは?
Recommend
英語多読完全ブックガイド
英語多読完全ブックガイド (JUGEMレビュー »)
古川 昭夫, 神田 みなみ, 小松 和恵, 畑中 貴美, 西澤 一
SSS式多読本紹介本。レベルごとに、本の紹介と総語数が書かれています。この本に載っている本を主に読んでいて、語数カウントでもお世話になっています。
Profile
Links
Sponsored links
Latest entries
Recent comments
Recent trackback
Archives
Categories
Others
Search

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
氷の宮殿
氷の宮殿氷の宮殿アンジェラ マクアリスター Angela McAllister Angela Barrett BL出版 1997-09売り上げランキング : 391960おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


たまには、絵本を。
表紙のイラストに惹かれて、借りて来た本。

予想を裏切らない、展開でした。

ストーリーは、高熱で熱に浮かされて、
寝ているアンナ。
真夏の暑い時期なので、とってもそれは辛い事でした。
そんなアンナにとって、毎日の楽しみは、
宮殿で料理人をしているお父さんの話しを聞くこと。
何か、秘密の物を作っているという事なのですが、
どうしても教えてくれません。
一体、何を作っているのでしょう。
続きを読む >>

| comments(2) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
オフェリアと影の一座
オフェリアと影の一座オフェリアと影の一座ミヒャエル・エンデ フリードリヒ・ヘッヘルマン 矢川 澄子 岩波書店 1988-10売り上げランキング : 26852おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


表紙の画像がないのが残念ですが、
幻想的な表紙です。

ミヒャエル・エンデの絵本。
読み終わった後、少しボーゼンとしていました。
子ども向きではなく、大人が読んで楽しむ絵本です。

ストーリーは、オフェリアさんの仕事は、
古今東西のお芝居の台詞を、つっかえないように
ささやき続けること。
でも、ある日その劇場が、閉められることに
なったことから。。。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(1) | 和書(絵本) |
金のひかりがくれたもの
金のひかりがくれたもの
金のひかりがくれたもの
ピョートル ウィルコン, Piotr Wilko´n, J´ozef Wilko´n, 久山 太市, ジョゼフ ウィルコン

抑えた絵。引き立つ金。
まさに、この題名の通りの絵です。

ストーリーは、コウネリウスと言う魔法使いがやってきて、
何でも金に変える力を持っていると言う、それを聞いた王様は。。。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
川はどこから流れてくるの
川は どこから ながれてくるの
川は どこから ながれてくるの
トマス ロッカー, Thomas Locker, 箕浦 万里子

ユーズド本しかなかったのが、残念。
それに、画像がないのも。
すっごく、きれいで緻密な絵なんです。

ストーリーは、おじいさんと一緒に川の始まりを
見てくる兄弟2人の話し。
途中洪水になるなど、自然の雄大さと包容力を描いています。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
ちいさいモモちゃん
ちいさいモモちゃん
ちいさいモモちゃん
松谷 みよ子, 菊池 貞雄

なんと1964年(東京オリンピックの年)発刊の本。
それから、26年間にわたってこのシリーズを書いてきた、
松谷みよ子さん。

この本は、自分が子どもに聞かれた事をもとに、
書いているそうです。
続きを読む >>

| comments(3) | trackbacks(1) | 和書(絵本) |
おばけのバーバパパ
おばけのバーバパパ
おばけのバーバパパ
アネット=チゾン, タラス=テイラー, やました はるお

この本も、子どもに人気の本。
姿形を自由に変えられて、どこかユーモラスな、
バーバパパのシリーズ第1作目。

ここでは、出生の秘密が明かされています。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
ルピナスさん―小さなおばあさんのお話
ルピナスさん―小さなおばあさんのお話
ルピナスさん―小さなおばあさんのお話
バーバラ クーニー, 掛川 恭子

一人の女性の一生を通して、物語が語られていきます。
伝承の大切さ。
人生で何が一番大切かも、語られていて、
奥が深い本。

そして、何よりも絵がきれいで、見ているだけでほれぼれします。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
ぼく おかあさんのこと…
ぼく おかあさんのこと…
ぼく おかあさんのこと…
酒井 駒子

子ども向けの絵本ではないと、
紹介してくれた人に言われた本。

読んでみると確かにそう。
最後に、子どもの救いがない。
子どもを受け止める事がない。

これは、ほんと大人向け。
子どもに寄り添った本ではないから。

でも、なぜかこの本は売れているそうです。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ?
ジーン モデシット, Jeanne Modesitt, Robin Spowart, もき かずこ, ロビン スポワート

子どもの時、お母さんにとっていい子って
どんな子だろう?
って、考えた事はあったはず。

この本は、そんな疑問に答えを出してくれます。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ
かいじゅうたちのいるところ
モーリス・センダック, じんぐう てるお, 神宮 輝夫, Maurice Sendak

子どもに大人気の絵本ですね。
私も、子どもの頃大好きで
何回も読んでもらった記憶があります。

ただ、大人になると忘れてしまうのか、
今回読み聞かせをしてもらって新しい発見がありました。

お父さんかいじゅうがいるそうです。
どれ?
大人の視点だと、分からないそのかいじゅう。

でも、子どもはよく見ているので、すぐ見つけるという話し。
よく見てもわからない私。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(絵本) |
| 1/1 |