Daily Moon Phases
CURRENT MOON
moon phase info
blog pet
RSS
クリックで救える命がある
ad
Recommend
 (JUGEMレビュー »)

私にしては、かなり速いスピードで第2巻を読んでいます。4人の女の子の2度目の夏の物語。まだ出だしですが、1巻より読みやすく感じています。
Recommend
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで
ローラ・インガルス・ワイルダー伝―『大草原の小さな家』が生まれるまで (JUGEMレビュー »)
ジョン・E. ミラー
画像がないのが、残念なのですが。。。「Little House」の作者ローラの人生です。本では触れられる事のなかった、本当の生涯とは?
Recommend
英語多読完全ブックガイド
英語多読完全ブックガイド (JUGEMレビュー »)
古川 昭夫, 神田 みなみ, 小松 和恵, 畑中 貴美, 西澤 一
SSS式多読本紹介本。レベルごとに、本の紹介と総語数が書かれています。この本に載っている本を主に読んでいて、語数カウントでもお世話になっています。
Profile
Links
Sponsored links
Latest entries
Recent comments
Recent trackback
Archives
Categories
Others
Search

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


| - | - | - |
夜の神話
夜の神話夜の神話たつみや 章 かなり 泰三 講談社 1993-07売り上げランキング : 240190おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


神さま3部作第2部、たつみや章。

このシリーズも第2部。
今回も、神さまが出てきますが
前作「ぼくの・稲荷山戦記」が土地神さまだったのに対して、
今回はツクヨミ。

月の神さまです。
お付きの人は。。。当然?月ウサギ。
と、言う事で前作にもましてファンタスティックなのですが、
その分描かれている事は、深刻です。

ストーリーは、都会から田舎に引っ越してきた、
マサミチ。新しい学校に馴染めないまま迎えた、
終業式。明日から夏休みという日、ふと立ち寄ったお宮で
着物姿の長い髪の男性からもらった、まんじゅうを食べ
動物と話す事ができるようになる。。。
続きを読む >>

| comments(4) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
ぼくの・稲荷山戦記
ぼくの・稲荷山戦記ぼくの・稲荷山戦記たつみや 章 講談社 2006-08-12売り上げランキング : 41460おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


弟32回講談社児童文学新人賞受賞作。
神さま3部作、第1部。
たつみや 章。

面白かったです。
しかも、後半あるシーンで涙が。。。
ここまで、引き込まれた和書は久しぶりかも。

好みを、ピンポイントでついていました。

ストーリーは、ぼくはばあちゃんと二人暮らし。
お母さんは、亡くなってしまって、
漁師のお父さんは、海に出ている事が多い。
タバコ屋を営んでいるばあちゃんは、
たまに神がかった事をする。
そんなある日。。。守山さんという人が
下宿にくる事になり。。。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
ファンタージエン 秘密の図書館
ファンタージエン 秘密の図書館ファンタージエン 秘密の図書館ラルフ・イーザウ 酒寄 進一 ソフトバンククリエイティブ 2005-09-29売り上げランキング : 136482おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


この本で、今年の目標和書20冊読了を達成しました。
途中、和書が読めなくなったり色々しましたが、
とりあえず、目標はクリアしたのですっきりしています。

本屋で見つけた時から気になっていた、このシリーズ。
エンデのオマージュと言う事で、ドイツ人作家6人が
執筆されているそうです。

その内、3冊は邦訳で出ているので
しばらく楽しめる事も魅力。

あの「はてしない物語」の世界の再現と言う事で、
賛否両論あるみたいですが、私は好きでした。

ストーリーは、「はてしない物語」の前史に当たるこの本。
あの、本屋の主コリアンダーさんが主人公です。
弱気で、優柔不断なカール(コリアンダーさん)。
あるとき本屋のバイトの面接に行った事から、
運命が変わり始めます。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
龍宮
龍宮龍宮川上 弘美 文藝春秋 2002-06-27売り上げランキング : 278365おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


川上弘美、8編の短編集。

どの話しも、この世の物であって、
この世ならざる物が出てくるこの短編集。
1編が20〜30ページなので、読みやすい事も特徴です。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
精霊の守り人
精霊の守り人精霊の守り人上橋 菜穂子 偕成社 1996-07売り上げランキング : 116983おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


守り人シリーズ1巻め。

和書復帰、1冊め。
無事、読み終えることが出来ました。

かかった日数も、2週間弱と言うことで、
まぁまぁです。

私の好きなファンタジーだったことと、
読みやすい文体だったことで、
この本を選びました。

ストーリーは、新ヨゴ皇国のチャグム王子は、
ニュンガ・ロ・イムに卵を産みつけられてしまう。
100年に1度の産卵の時。
卵を狙うこの世の生き物ではない物も現れ。。。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
風神秘抄
風神秘抄風神秘抄荻原 規子 徳間書店 2005-05-21売り上げランキング : 7143おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


久しぶりの、本格ファンタジー。
さすがに、読み応えがありました。

勾玉三部作の流れを汲む作品という事で、
聞いた事のある、名前が出て来たり。

そう言う意味でも、楽しめた作品でした。

ストーリーは、平治の乱で源氏方についていた
草十朗。
戦に敗れ追われる立場になった、草十朗は
ある時、鳥の王の血筋だと言う鳥彦と
言葉を交わすようになる。
続きを読む >>

| comments(2) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
蛇を踏む
蛇を踏む蛇を踏む川上 弘美 文藝春秋 1996-08売り上げランキング : 325,445おすすめ平均 Amazonで詳しく見る by G-Tools


第115回芥川賞受賞作品。
ファンタジーだと思って読まないと、痛い目に遭う
この作品。
日常の中の、非日常を取り扱っています。

3つの短編からなる、この作品。
表題の
蛇を踏む
消える
惜夜記(あたらよき)

この中の、消えるが私は好きです。
ストーリーは、長男の結婚が決まるのですが、
その長男が消えてしまい、今度は次男の結婚話が
持ち上がるのですが。。。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
夢の灯りがささやくとき(下)
夢の灯りがささやくとき〈下〉―シャーリアの魔女〈2〉
夢の灯りがささやくとき〈下〉―シャーリアの魔女〈2〉
ダイアナ マーセラス, Diana Marcellas, 関口 幸男

不親切な読書案内になってしまうけれど、
これは6巻完結の4巻めに当たる本です。

なかなか、5、6巻が出ないのでしびれを切らして、
読まなかったのでした。

1、2、3巻も読んでいるのですが、物語の面白さと
読書スピードが追いつけなくて、中盤でラストを読む。
と、いう読み方で読んでしまっていたこのシリーズ。

やっと、読書スピードが追いついて、
のんびり読めるようになりました。

ストーリーは、魔女として身を隠していたブライアリー。
産婆として、治療に当たる日々。
魔女だとばれれば火あぶりになりかねない世界で、
ある日伯爵の妻女、サレイのけがと出産を手伝った事から、
運命の歯車が回り始めます。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
龍使いのキアス
龍使いのキアス
龍使いのキアス
浜 たかや, 佐竹 美保

久しぶりに、読み応えのある本を読みました。
なにも難しい事を考える事なく、どっぷり浸かって。
面白かったです。

ストーリーは、赤ちゃんのとき捨て子で、
神殿の巫女に拾われたキアス。
そのまま、見習い巫女として大きくなりますが、
捨て子だという事や、熱心に勉強しない事で、
皆から悪口を言われてしまっています。
そんなある日、正式な巫女になるために「呼び出し」を受け、
運命の歯車が回り始めます。。。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
精霊の木
精霊の木
精霊の木
上橋 菜穂子, 二木 真希子

さすがに、文化人類学者だけあって、
先住民族を大切にする視点です。

上橋菜穂子さんの名前は知っていたけれど、
読むのは初めてで、まさかこの本が処女作とも知らず。

オーストラリアのアボリジニを研究していると知ったのは、
この本を読み始めてからでした。
まさか、学者さんだったなんて、驚きです。
続きを読む >>

| comments(0) | trackbacks(0) | 和書(ファンタジー) |
| 1/2 | >>